血糖降下薬(内服)・インスリン

ホーム > 検査/治療内容 > 血糖降下薬(内服)・インスリン

現在、糖尿病の治療薬はたくさんの種類があり、病態に合わせて様々な選択肢があります。

以前は最後の手段(これを使うとやめられない)とされてきたインスリン治療も現在では比較的初期に使うことで、インスリンを自己分泌する膵臓を守ってあげよう(インスリンは早期のみの使用でいい場合も少なくありません)といった治療法に変わってきています。

このインスリンの自己分泌能力インスリン抵抗性というのが糖尿病の病態における2大基本で、その病態から必要な治療薬を選択していくわけです。一方で患者様のライフスタイルに合った薬を選ぶことも重要です。

インスリンが絶対必要な1型糖尿病の患者様も、もちろん血糖を安定化するべくインスリンの調整や血糖測定器の貸し出しなどもすべて院内で行うことができます。

ひなた内科では、患者様の病態に合った治療を、患者様と一緒に相談させていただきながらしっかりと選択し、また、安全に注意しながら、最先端の治療にも対応できるようにさせていただきます。

今まで飲んでいたお薬などについて、わからないことがあった場合にはお気軽にご相談ください。

ひなた内科は糖尿病診療を
中心に皆様の健康をお守りする
内科クリニックです
診療受付
院長ブログ バナー
ひなた内科の診療内容
ひなた内科 〒350-1316 埼玉県狭山市南入曽565-11 入曽メディカルビル3階 TEL :04-2999-3111
© 2016-2018 ひなた内科